ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私家版天保水滸伝(by高橋義夫)
評価:★★★☆☆
著者:高橋義夫 出版社:新人物往来社
定価:1500円 出版年月:1993年4月

大利根の河原を血で染めた飯岡助五郎と笹川繁蔵の抗争を描く表題作をはじめ、
時代小説の新しい世界を切り拓く秀作六篇を収録。
(amazon.co.jpより)


飯岡助五郎と笹川繁蔵、
相撲取りから博徒と似たような経歴を持つ二人の対決。
浪曲や講談でおなじみのテーマらしいです。







旗本領・天領入り組む関東、
治安強化のため斬捨て御免八州廻りが創設されるも、
村々の防衛は自警団にゆだねざるを得ない状況。

そんな中台頭するのが、助五郎や繁蔵のような親分たちです。

彼らの抗争を、キーマンとなった芳蔵の観点から描く表題作。

武士の意地・面子のすさまじさを描いた、「蛍合戦」。
院内銀山の隆盛を背景にした「山師」、「しろがね式部」。

いずれも味わい深い短編です。

ただ、一種独特の凄みがあったのが「小御所の闇」。
男は薄禄の根来同心。
取るに足りない小物か思えば、
岩倉具視邸、二条城に出入りし、
幕末の大物を駒に政争のプロットを描く人物。
そして、ラストに明らかになる彼の「動機」・・・
深すぎる闇、絶妙の掌編です。
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/611-91c7c3d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。