ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海王(by宮本昌孝)
評価:★★★★☆
著者:宮本昌孝 出版社:徳間書店
定価(上巻):2310円 出版年月:2009年1月

剣豪将軍として名高き足利第十三代将軍・義輝が松永弾正の奸計により斃れてから十余年後―
ひとりの少年が、信長の戦勝に沸く堺の街に姿を現した。
少年の名は、海王。
かつて大武装船団を率いて東シナ海を席捲した倭寇の大頭目・五峰王直を祖父として育った少年は、
自らが将軍義輝の遺児であり、剣に天賦の才を持つことを知らない。
だが運命は海王を、
かつて義輝を愛した人々、そして信長ら天下争奪を目指す男たちの元へと誘う。
(amazon.co.jpより)


剣豪将軍義輝、
掛け値なしの傑作です。
歴史小説を読んで初めて、この人に仕えたいと思いました。
その続編に当たるのが本作。
     


  
しかし、前作の出来が良過ぎたか、
ちょっと期待はずれ。

まず、時代がよくない。
信長の死から秀吉の天下統一、
もううんざりするくらいの作品で描かれてきた時期です。

そして、敵がしつこい。
ほんとにしつこい。
前作以来のあの人、ヂァオファロン、小野善鬼、マヌ、
どれも強いのでしょうが、執拗に再登場を繰り返し、
主人公たちにあだをなします。
それこそ松永久秀もひいちゃうくらいに。
正直もういいよ。。。
その結果が、二段組で上下1000ページ以上という膨大なボリューム。。。

さらに海王自身のキャラクターもよく分からない。
途中、●●を失うというくだりが災いして、
結局「義輝の子」というだけの存在。

極めつけは、ちゃんと構想してたのか!?と言いたくなる様な唐突な展開。
○○と△△が兄弟って展開で、「え!?」
ラストバトルの結末に、「マヂか!?」
ってか、あれほどの化け物が・・・

と、悪いところばかりを挙げましたが、
「魅せどころ」を心得た作家であることも事実。
特に圧巻は、本能寺で●●を取り戻す場面。
「わが覇業を継ぐか、海王」
文句なしに本作きっての名場面。
活劇的な時代小説を書かせたら、第一人者というべきでしょう。

最も懸念すべきなのは、
本作を読む → 『剣豪将軍義輝』もこんなもんか。読まなくていいや。
と思われること。
どうか、まず、『剣豪将軍義輝』を読んでください!
そして、面白かったら本作にチャレンジしてください!
読む順番を間違えないで!
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/613-7f46e6e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。