FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

斬首ただ一人(by南條範夫)
評価:★★★★☆
著者:南條範夫 出版社:旺文社(文庫)
定価:400円 出版年月:1986年5月

幕末~維新期に、
各々の信念に従い、或いは崩壊する幕府に殉じ、或いは倒幕に命を賭し、
さらには自ら樹立した政権に刃向かって処刑された男たち―
三河武士の血をたぎらせて幕府を支えた小栗上野介、
倒幕を策した鉄血公卿岩倉具視、
不平士族を糾合するも萩に敗死した前原一誠、
賊軍の将でありながら明治の顕官となった榎本武揚など、
七人の男たちの姿を活写した傑作歴史小説。


明治維新の主役と言えば、
薩長土肥の西郷隆盛、高杉晋作、坂本竜馬あたり、
幕府側では勝海舟、新撰組あたりでしょうか。
そういった主役たちに着目するのではなく、
脇役の列伝を通して明治維新を描いたのが本書。






己の才幹を燃え尽くさんと幕府の立て直しに尽力し、
幕府高官中ただ一人斬首された小栗上野介の非命を描く表題作。

政争で逐われようと、暗殺者に追われようと生き延びる、
志士顔負けのサバイバル、岩倉具視を描く「鉄血の公卿」。

松下村塾にあって、高杉晋作・久坂玄瑞と並び称されつつ、
不平士族として処理された前原一誠の死を描く「無言参議の死」。

舌鋒鋭く、あらゆる不正を糾弾して止まぬ江藤新平、
生まれながらの検察官の死を描く「憤怒の生涯」、
などなど。

幕末維新に興味がある人なら引きつけられるであろう魅力的なテーマ。
それを淡々と、それでいて力ある文体で描きます。

白眉は「陰謀の人」。
皇族でありながら、謀略をもって、幕末に暗躍した中川宮。
ちょいちょい色々な幕末ものに出てくるのですが、
人物や最期については良く分からなかった人物。
英雄・駿馬と言われた男が迎える哀しい最期・・・
流罪先の広島で知る自分の器とは。

一味違った幕末ものを読んでみたい方は是非!
スポンサーサイト



テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/615-84d7fc8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する