FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

将軍家光の乱心 激突
評価:★★★★☆
監督:降旗康男 製作年度:1989年
出演:緒形拳、松方弘樹、千葉真一、織田裕二、京本政樹、丹波哲郎

将軍・徳川家光は性格、容貌が自分と似ていないという理由で長男・竹千代を嫌って佐倉藩に預け、
次男・徳松を溺愛していた。
その上将軍継承に絡み、阿部重次に対して竹千代を殺すよう命じていた。
ある日、竹千代を幕府の刺客団が襲ったが、
石河刑部ら凄腕の浪人達が護衛していたため、事無きを得た。
佐倉藩主・堀田正盛が家光の陰謀を考えて備えていたのだ。
石河刑部と家光、阿部の間にも因縁があった。
かつて石河は妻を阿部によって家光の側女として無理矢理召し上げられていたのだ。
それが、お万の方であった。
幕府から竹千代に元服式を行うので江戸城へ出仕するよう命令がきた。
罠と知りつつ竹千代は石河らに守られながら江戸城へと向かった。
(goo映画より)


余が生き続ければ、われらの勝ちか? 




たそがれ清兵衛、武士の一分・・・
クオリティの高い作品は他にあるけれど、
おススメの時代劇映画と聞かれて、どうしても挙げてしまうのが本作。

世継・竹千代を殺そうとする将軍・家光。
竹千代を守るため、堀田正盛に集められた浪人たちだったが、
家光の腹心・阿部重次の手配する追手の前に次々と倒れていく。。。

本作の見所はなんと言ってもアクション。
馬上での戦闘、
橋や家屋の爆破、
なかなか迫力あり。
香港のアクション俳優も出演、カンフーアクションを魅せてくれる。
若き織田裕二が脇役で出てるのも面白い。

炎の特攻が人形だったり、
敵の武器が投げる・斬る・突く何でもできちゃう万能兵器だったり、
突っ込みどころが多いのは事実。
一番恥ずかしいのは、なぜかアルフィーがテーマ曲を歌うこと・・・
でもでも、
丹波哲郎を筆頭とする俳優たちの死に様・・・
なかなかの見ごたえがあります。

そして、明示的には語られることはないが、
家光が竹千代を殺そうとする理由。
刑部との因縁から推し量るならば、竹千代の父は。。。

好きなのは僕だけかと思ってたが、
20年も前の邦画で、興行成績が良かったとも思えないのにDVD化されてるし、
ひそかにファンは多いのではないだろうか。
スポンサーサイト



テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/637-58075107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する