FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

十兵衛両断(by荒山徹)
★★★★★
著者:荒山徹 出版社:新潮社(文庫版あり)
文庫(新潮)⇒定価:700円 出版年月:2005年9月 ボリューム:505P

柳生十兵衛は三たび死した!
徳川体制の裏で跳梁する朝鮮の陰陽師。
おぞましき対日謀略、渦巻く恨、閃く魔剣。
そして「剣の一族」が封印した、
たとえ死すとも口外してはならない秘密とは。
柳生三代の歴史小説巨編。
(amazon.co.jpより)


柳生一族を襲う朝鮮魔道の恐怖。
外道、人外入り乱れての剣術アクション。
とにかくまともな小説じゃねェ。
『高麗秘帖』、『魔風海峡』など
桃山~江戸ジャパン&李朝コリアの伝奇ロマンを書きつづけてきた著者。

本作では、
江戸初期を舞台に柳生一族と朝鮮陰陽師の血で血を洗う闘いを描く。
柳生と朝鮮の結合、ある意味パラダイムシフト
普通の頭じゃ考えつきません。

冒頭いきなり柳生十兵衛が肉体を乗っ取られる。
朝鮮呪術「ノッカラノウム」炸裂!
その他、坂崎出羽守が朝鮮呪術師だったり、
剣も巧みに使いこなすスーパー陰陽師が出て来たり、
内容は突飛そのもの。
ただ、豊富な資料を使いこなし一笑に付させない。

何より、息もつかせぬ剣術&妖術バトル、
二人の十兵衛の秘密、伏見大地震の謎・・・
ページを繰る手が止まりません!

こんな面白い歴史伝奇ロマンがあるとは・・・
山田風太郎の後継者最右翼ではないだろうか。

歴史小説読まない人にこそオススメ。
面白い小説読みたい!って人、絶対後悔はさせません!
マンガ『バジリスク』好きならハマること請け合い

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト



テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント
これが面白かったのなら
TBありがとうございました。
伝奇時代小説ならもうひとつ。
宮本昌孝『ふたり道三」』これも文庫化されましたのでおすすめします。内容に間違いはありませんと折り紙をつけましょう。
[2005/10/04 00:04] URL | よっちゃん #SFo5/nok [ 編集 ]

ふたり道三!
読みましたよ!

2代にわたる美濃盗りより、
ギルドっぽい鍛治集団が印象的でした。

宮本昌孝の歴史小説の主人公は、
爽やかでカッコイイだけでなく、
弱さを見せるとこが魅力的だと思います。
『剣豪将軍義輝』(★×5 collection参照)は、特にオススメです。
[2005/10/05 21:49] URL | yoshi #eK9EmjsY [ 編集 ]


こんばんは。なるとと申します。

この本、本屋で平積まれてるのをさりげな~く気になって見ていたのですが…
こういう展開の話だったんですねー。
妖術も絡み合った剣の戦いが面白そう!!
近々本屋でチェック入れてみます~。
個人的に、坂崎出羽の設定が気になる所です(笑)。

それでは、又お邪魔させて頂きます。
海音寺潮五郎のレビュー予定も楽しみにしています☆
[2006/10/01 00:11] URL | なると #- [ 編集 ]


歴史小説の体を借りた著者の妄想小説ですよ。
ただ、歴史小説の形式も中身の妄想も抜群のでき。
今、注目の作家ですよ。

また遊びに来てくださいな。
[2006/10/01 21:22] URL | yoshi #sSHoJftA [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/64-217b89bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

荒山

佐田岬 僕の思い出 その3(下ネタ でました。荒山徹『十 十兵衛両断 堅い本の後には AC beatmaniaIIDX12 -HAPPY SKY- 地方への移籍馬入厩情報 越後三山駈け 2日目 いのちだいじに ミラクルスリーコーポレーションと業務提携
[2005/10/01 23:30] 荒山

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する