ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義輝異聞-将軍の星(by宮本昌孝)
★★★★☆
著者:宮本昌孝 出版社:徳間書店(文庫版あり)
文庫(徳間)⇒定価:580円 出版年月:2003年5月 ボリューム:309P

落日の室町幕府にあって、
戦国の英雄たちとともに勇名を馳せた異色の将軍・足利義輝。
その激烈な生涯を描いた『剣豪将軍義輝』姉妹篇。
義輝が霞新十郎として剣の修行に諸国を旅していたころの逸話を
はじめ義輝亡き後の遺臣たちの秘話を収録。
(amazon.co.jpより)


もう一度、義輝公の冒険を読める! 拙者は果報者にござる!
義輝主従の活躍以外に、
足利茶々丸(堀越公方、北条早雲に滅ぼされる)を描いた短編、
足利義材(十代将軍)の将軍権威への妄執を描いた短編、
山本勘介に題材をとった短編を収録してます。

特に、山本勘介の『紅楓子の恋』
優れた能力にも関わらず、醜い容貌から疎まれ続けた勘介。
諸国を遍歴し高僧と出会い、一種の悟りを開いていく。
そして武田家で直面する苦悩。
川中島の戦いで採った「啄木鳥作戦」の真実とは・・・

彼の優しさが招いた皮肉な結果を含め、深い短編です。

ただ、『剣豪将軍義輝』を読んでないと、
後半の短編は殆ど楽しめません。

明智十兵衛光秀のセリフ、

大樹・・・、
いまいちど、会いとうござる


まぶたに浮かぶは『剣豪将軍義輝』のラストシーン・・・

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 
スポンサーサイト

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/67-c7a88cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。