ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡国のイージス(by福井晴敏)
評価:★★★★★
著者:福井晴敏 出版社:講談社(文庫あり 全2巻)
文庫(講談社)上⇒定価:730円 出版年月:2002年7月 ボリューム:552P
文庫(講談社)下⇒定価:730円 出版年月:2002年7月 ボリューム:364P

在日米軍基地で発生した未曾有(みぞう)の惨事。
最新のシステム護衛艦《いそかぜ》は、
真相をめぐる国家間の策謀にまきこまれ暴走を始める。
交わるはずのない男たちの人生が交錯し、
ついに守るべき国の形を見失った《楯(イージス)》が、
日本にもたらす恐怖とは。
日本推理作家協会賞を含む三賞を受賞した長編海洋冒険小説の傑作。
(amazon.co.jpより)


石破茂元防衛庁長官が、防衛庁キャリア官僚必読の書とした本だそうです。




   



映画やマンガにもなってるし、
この本が凄まじく面白いのは衆議の一致するところ。

特に巧みなのは、
全ての世代に感情移入可能なキャラクターを用意している点。

中高年男性には艦長、
30代~40代男性には渥美や千石、
10代~20代男性には如月。

如月を憂い溢れるイケメンに設定することで、女性読者も惹きつける。

国防、国家に関わる記述が正直なところ鬱陶しく感じられることもあったが、
エンターテイメント作品としては超弩級

⇒ 『6ステイン』のレビューへ。
スポンサーサイト

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/7-cf955fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福井 晴敏

ローレライ亡国のイージス日テレでこの番組をみて、この人の国産エンターテイメントに対する熱い思いにグッときましたよ。えぇ…で、亡国のイージスを読みました。今は最近文庫になった終戦のローレライを読んでます。映画大丈夫ですよね?デ○ル○ンみたいなことになってな
[2005/09/18 18:18] chakuro.com-ガンプラ日記にょ

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。