ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャガーになった男
★★★★☆
著者:佐藤賢一 出版社:集英社(文庫版あり)
文庫(集英社)⇒定価:680円 出版年月:1997年11月 ボリューム:358P

伊達藩士・斉藤小兵太寅吉は
恋人を捨て、冒険を求めて、支倉常長遣欧使節に加わった。
着いたイスパニアはすでに全盛期の栄光を失っていたが、
一人のイタルゴ(戦士)と意気投合し、
共に戦場に赴くために、帰国する使節団と訣別する決心をする。
壮大なスケール、波瀾万丈の歴史ロマン。
第6回小説すばる新人賞受賞作に大幅加筆、
600枚の長編となったロング・バージョン。
(amazon.co.jpより)


17世紀初頭、日本で戦国武士の時代が終わりつつあった頃、
「太陽の沈まぬ帝国」スペインでイダルゴ(勇士)たらんとした漢の物語。
ハプスブルク家とブルボン家の戦争や宗教戦争に
日本人が参戦するという設定が面白い。
でも、何より登場人物のキャラクターが最高

剣の腕はたつのに、女に弱い。
弱い者を放って置けない主人公トラキチ。

彼の従僕ペペ。
生意気だけど、純真な少年。
別れのシーンは涙、涙

親友ベニトや後半に登場するインディオたちも魅力的。

どこまでも爽やかにヨーロッパ、新大陸を駆け抜けるトラキチ。

そして、終章『ジャガーになった男』。
どうせ生とは夢幻のごとくなり。
悔いなきよう精一杯生きれば、どんな生様も結構至極。
そののちは、深山にしばし、仙人と遊ばん・・・


amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/74-1ab99673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。