FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

大友ニ階崩れ
★★★☆☆
著者:高橋直樹 出版社:文藝春秋(文庫版あり、『戦国繚乱』)
文庫(文春)⇒定価:660円 出版年月:2004年12月 ボリューム:319P

策謀渦巻く跡目争いを生き抜く男たち。
戦国期を描き続ける気鋭の著者最新作。
「大友二階崩れ」―キリシタン大名である大友宗麟、若き日の父との確執。
「城井一族の殉節」―黒田如水の陰謀に散った、
九州の名門宇都宮家の悲劇。
「影」―生涯不犯を通した上杉謙信亡き後の壮絶な争い。
(amazon.co.jpより)


悲劇とか壮絶とか言葉で言うのは簡単。
でも、その重さたるや・・・
宇都宮家の滅亡を描く「城井一族の殉節」
宇都宮家・・・
「信長の野望」では、ゲーム開始数年で滅びる大名家の一つ。
そんな彼らが守る地上の楽園 城井谷。
秀吉の九州征伐にギリギリで協力、
時代の荒波を乗り切ったかに見えた彼らを襲う悲劇。
吸収合併された弱小企業の末路を連想させてしまいます。

有力大名家の跡継争いを描いた「大友ニ階崩れ」・「影」
頼りなさ、気弱ささえ垣間見せる大友宗麟&上杉景勝。
暗躍するライバル、重臣のプレッシャーに彼らの殻が壊れていく様は見事。
特に上杉家跡目争い、いわゆる御館の乱を描いた「影」
狂人 上杉謙信を継ぐには、自らも常人の殻を破らねばならぬ・・・
妹をも犠牲にしなければならぬ・・・

まさに戦国悲劇。

*文庫版は『戦国繚乱』に改題。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト



テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/76-ac322f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する