FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

闇の松明
★★☆☆☆
著者:高橋直樹 出版社:文藝春秋(文庫版あり)
文庫(文春)⇒定価:550円 出版年月:2002年6月 ボリューム:286P

崩れゆく名門武家におこる小さな波乱を、
側近の城士の目から語る「尼子悲話」。
石田三成の軍勢に包囲され落城間際の伏見城で、
四人の百姓足軽がみる一夜の夢と城抜け「闇の松明」。
戦国の将卒の生と矜持を、さわやかな哀感をこめてみずみずしく描き出し、
鮮烈なデビューをはたした著者の初期傑作短篇集。
(amazon.co.jpより)


戦国という時代が背負う業、かくも深いものなのか。
山陰の名門武家、尼子一族。
当主晴久が一門衆新宮党へ抱いた嫉妬をきっかけに、
一族は滅亡への途を歩み始める。
新宮党からも信頼されながら、
彼らを討つ尖兵にならざるを得なかった武士の思い・・・

良心の呵責に苦しみ続ける筑前黒田家筆頭家老栗山備前。
秀吉の天下統一の陰で彼が行なったヨゴレ仕事とは・・・
実行犯の一人 兵介の欲から全てが崩れていくシーンは見事。

本多忠勝や井伊直政への妬みか、
執念にかられ伏見城に篭る、蛇爺こと鳥居元忠。
彼の領地から徴用された足軽少年4人の野望、
互いに抱くひねくれた恋愛感情・・・

業深いドラマは、時代のゆえか、人の性ゆえか。
味わい深いけど、『鎌倉擾乱』『戦国啾啾』の方が上。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ 歴史小説の目次へ。
スポンサーサイト



テーマ:歴史小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/84-ccc5d538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する