ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔界転生(by石川賢)
評価:★★★☆☆
著者:石川賢 出版社:講談社
定価:924円 出版年月:1998年11月

寛永14年10月、島原の乱、勃発。
幕府軍との戦いの末、乱はおさまるが、
幕府軍の軍監として戦った宮本武蔵は、
亡くなったはずの森宗意軒、荒木又右衛門に出くわす。
なぜ、死した者たちが──。
それは、地獄より甦った魔衆たち。率いるのは天草四郎。
幕府転覆の成就をはかるため。
そして、永遠の戦いに──。
(amazon.co.jpより)


凄まじい戦闘シーンの迫力。
斬るというより叩き割るって感じの剣術アクション。
一度読んだら忘れられないインパクト。






窪塚洋介の天草四郎が懐かしい魔界転生。

山田風太郎原作のコミック化の一つ。
ただし、ストーリーはかなりオリジナリティ溢れるものに。

敵が強すぎたり話を広げすぎたりで、収拾不能になるイメージがあり、
石川賢のマンガはあまり好きではない。
いつも「本当の戦いはこれからだ!」的エンディングだから。

この作品でも、敵はめちゃくちゃ強いし、味方はバンバン死ぬ。
ただ、何だか得体の知れない迫力があってドンドン引き込まれていく。

特に戦闘シーンが凄まじい。
禍禍しささえ感じさせるような剣戟。
斬るというより叩き潰すというような・・・
死に様のえぐさ。
仲間もポンポンポンポン死んでいきます。

ここまで迫力あるマンガはあまりない。
小学生のときに読んでたら、確実に一晩はうなされてそう
スポンサーサイト

テーマ:オススメ漫画 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/9-6b6cb28b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。