ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄泉がえり
★★★☆☆
著者:梶尾 真治 出版社:新潮社(文庫版あり)
文庫(新潮)⇒定価:660円 出版年月:2002年11月 ボリューム:476P

あの人にも黄泉がえってほしい―。
熊本で起きた不思議な現象。
老いも若きも、子供も大人も、死んだ当時そのままの姿で生き返る。
間違いなく本人なのだが、しかしどこか微妙に違和感が。
喜びながらも戸惑う家族、友人。混乱する行政。
そして“黄泉がえった”当の本人もまた新たな悩みを抱え…。
彼らに安息の地はあるのか、迫るカウントダウン。
「泣けるリアルホラー」、一大巨編。
(amazon.co.jpより)


あの人にもう一度会いたい、
残された家族の願いをかなえてくれるのは・・・?
生き返る死者たち。
といっても、生者を襲って脳味噌を食べたりするわけではなく、
ごく自然に元の家庭へ帰ってきます。
まるで長い旅行から帰ってきたかのように。

家族との交情。
前生では上手く伝えられなかった気持ち、思いが語られていきます、

そして、突然に訪れる別れ・・・
別れの場面の数だけ、涙があります。

熊本の風情、人情たっぷりのローカルホラー。

みんな、いいひと過ぎて嘘っぽいけど、
心はあったまりました。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ その他小説の目次へ。

スポンサーサイト

テーマ:ファンタジー・ホラー - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/93-5eeeac60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。