FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ベルカ、吠えないのか?
★★★☆☆
著者:古川日出男 出版社:文藝春秋
定価:1800円 出版年月:2005年4月 ボリューム:344P


太平洋戦争に始まり、ソ連崩壊へ至る20世紀史を犬の目から描いた小説。
長編ファンタジー『アラビアの夜の種族』が面白かったので買ってみた。
戦士として死ぬ犬、母親として死ぬ犬、主人を守るため死ぬ犬・・・
犬の屍を積み上げ語る20世紀史。

大量の犬の登場にアイデンティファイが困難だが、
謎解き的な要素を絡め、過去と現在を同時進行させる構成で飽きさせない。

好悪は別れるだろうけど、ヤクザの嬢もイイ味を出している。
彼女の使う汚い言葉、直接的な言葉がたまらない。

主要な舞台がロシアということもあり?、ページ数の割に重量感。
大人の読書を許容してくれる本。
冬の夜中、ウィスキーのグラス片手にひっそりと読み込みたい。

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ その他小説の目次へ。
スポンサーサイト



テーマ:歴史小説 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/95-d6c5a8bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する