FC2ブログ
ねぶかどねざる
独断と偏見に基づき、小説やマンガ、ゲームをぶった斬るブログ。               ★の数で評価(最大5つ)。オススメやコメントよろしく
04 | 2021/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

不思議な少年(4)
★★★★☆
著者:山下和美 出版社:講談社
定価:610円 出版年月:2005年10月

人間て不思議だ。
小さな田舎町、そこに住む少女がある日感じる、恐ろしい瞬間。
「猿」と名乗る不思議な老人が見せる、綺麗な水晶の世界。
一族を無残に殺された男、復讐心のみで生き抜くことができるのか。
(帯より)


遂に出ました4巻。
約1年ぶりの新作です。
装丁はブルーを基調に海をイメージさせます。
期待にたがわず収録作3篇とも珠玉のストーリー。

田舎町に暮らす少女由利香が見つける、秋も冬も咲き続けるひまわり。
誰にも気づかれない、目も向けられない、ひまわりの意味とは?
能面の女バスジャック犯と由利香の関係・・・
衝撃的なラスト、ズーンときました。

少年を手玉にとる「猿」。
人の死期を映す水晶玉。
「悪魔」か「死神」の登場か?!
「人間が嫌いで旅をしている。」
そんな「猿」が少年の心に起こす波紋・・・
読んでのお楽しみ。

そして、『ベラとカリバリ』。
人生とは? 仲間とは? 復讐とは?
重い問いかけの残る短編です。

当初冷ややかに見つめるだけだった少年、
4巻では、人間に対し、これまでにない感情を抱いてしまいます。
拡大していく人間へのコミットメント。
やはり、これは確信犯的な展開なのでしょうか。

さらに、読み方の幅も広がっているように感じます。
サラリ読みあり、じっくり読みあり。
感想も人それぞれ、全く違ったものになるのでは。

1巻から全く質を落とさず、ペースも乱さず。
まさに匠の技

5巻はどうなるのか・・・
やっぱ1年待たなきゃいけないの?

amazon.co.jpでcheck! ⇒ 

⇒ マンガの目次へ。
スポンサーサイト



テーマ:心を強く幸せに出来る本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ashyoshiteru.blog25.fc2.com/tb.php/98-2f128145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yoshi

Author:yoshi
ロースクールは勉強三昧・・・

とりあえず目次sを!
コメント・相互リンクも大歓迎

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する